本文へスキップ
検索
 

栗林公園

栗林公園

栗林公園(りつりんこうえん)は、香川県高松市にある日本庭園で、1953年(昭和28年)3月31日国指の特別名勝に指定されている。松平家の別庭として造園され、1875年(明治8年)に県立公園になり一般に公開されました。

名 称:栗林公園(りつりんこうえん)
分 類:日本庭園
開 園:1875年(明治8年)3月16日
造営者:生駒高俊・松平氏


《入園料》
【一般】大人:410円・小人:170円
【団体(20人以上)】大人:320円・小人:140円
栗林公園

紫雲山を借景として6つの池と13の築山を巧妙に配した大名庭園で、回遊式庭園の南庭と近代的に整備された準洋式の北庭からなっている。面積は約75ヘクタールと特別名勝に指定されている庭園の中では最大の広さである。
1625年頃、讃岐領主 生駒高俊によって、南湖一帯が造営され、1642年入封した松平頼重に引き継がれ以後松平氏五代約100年をかけて完成した。
園内には、茶亭や香川県の民芸品を展示している讃岐民芸館や特産品を展示即売する商工奨励館もある。
名は栗林であるが当初から松を中心とした庭園である。名の由来となった栗林はかつては北門付近に存在していたが伐採された(鴨猟の邪魔になるためとも言われてる)。
そもそも、英語表記は「Ritsurin Park」だったが、外国人観光客の増加に伴い「実態と合っていない」という指摘が多くなされていたため、2009年3月以降は「Ritsurin Garden」に改めることとなった。

【商工奨励館(しょうこうしょうれいかん)】
栗林公園 商工奨励館
1899年(明治32年)に建てられたもので、100年あまりを経ている。当時の中央政府の建築家である帝室技芸員であった伊藤平左衛門が設計したもので、元々は、「香川県博物館」として建てられたものである。

【掬月亭(きくげつてい)】
栗林公園 掬月亭
歴代の藩主が使用した茶室で、江戸時代は「大茶屋」といわれていた。玄関を持たず、どこからでも出入りできるように、いろいろなところに沓脱石(くつぬぎいし)が置かれた、数奇屋づくりの建物である。名前の由来は、唐代の詩の中の「水を掬すれば月手にあり」の一句から取ったものといわれている。

【偃月橋(えんげつきょう)】
栗林公園 偃月橋
弓張り月(半月)が湖面に影を映す姿から名付けられた、美しい反りが特徴の橋である。
写真は、飛来峰(ひらいほう)から見た風景です。

【小普陀(しょうふだ)】
栗林公園 小普陀
この石組みは、1400年頃(室町時代)の手法であると言われており、本園発祥の地と言われている。生駒家が南湖一帯を造営する前から、この場所は、この地の豪族、佐藤家の別邸のあった場所と言われている。

【古理兵衛九重塔(こりへえくじゅうとう)】
栗林公園 古理兵衛九重塔
松平家初代藩主頼重(よりしげ)公が、京都から陶芸家である紀太理兵衛(きたりへえ)を招き、本園の北門のところでお庭焼(大名などが城内や自邸内で焼いた焼き物)として焼かせたものである。

【石壁(赤壁)(せきへき)】
栗林公園 石壁(赤壁)
西湖の対岸の岩盤を「石壁(赤壁)」という。中国の「宋(そう)」の時代の詩人「蘇軾(そしょく)」が、有名な「赤壁賦(せきへきふ)」を詠んだ中国の揚子江左岸にある景勝地「赤壁」に見立てて命名されたといわれている。

【園内の様子】
栗林公園 栗林公園栗林公園

【梅の様子】
北梅林と南梅林に梅が多く植えられている。
毎年2月初旬から3月にかけて様々な品種の梅が見られる。
栗林公園 梅栗林公園 梅 栗林公園 梅

また、春には桜が咲き乱れ、芝生広場ではお花見も楽しめる。
【桜の本数】290本
【桜種類】枝垂桜、ソメイヨシノ、エドヒガンザク
【宴会】OK、但し火気厳禁
【イベント】
※春にはライトアップもあり

【秋のライトアップ】
栗林公園栗林公園栗林公園

【お車で来られる場合】
高松自動車道「高松中央IC」下車 約12分

【交通機関ご利用の場合】
JR高徳線「栗林駅」から徒歩で約6分 
高松琴平電気鉄道 琴平線「栗林公園駅」から徒歩1分


【住所】香川県高松市栗林町一丁目20-16
【連絡先】香川県栗林公園観光事務所 TEL 087-833-7411 FAX 087-833-7420 ritsurin@pref.kagawa.lg.jp
【営業時間】
1月 7:00〜17:00
2月 7:00〜17:00
3月 6:30〜18:00
4月 5:30〜18:30
5月 5:30〜18:30
6月 5:30〜19:00
7月 5:30〜19:00
8月 5:30〜19:00
9月 5:30〜18:30
10月 6:00〜17:30
11月 6:30〜17:00
12月 7:00〜17:00
【駐車場】東門駐車場(約40台)・北門駐車場(約30台)
【設備】障害者用トイレ・車いすOK・飲食施設あり・トイレあり・ガイドボランティア


大きな地図で見る
posted by まちぐるKAGAWA at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡・名所・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。